トップ  >  ★日本の仏教  >  黄檗宗(おうばくしゅう)
黄檗宗 満福寺 隠元

黄檗宗(おうばくしゅう)

 

本山  満福寺
本尊  釈迦如来
経典  特になし
宗祖  隠元
寺数  437
信徒数  300,000 人
教えの特徴  

座禅を行うことで極楽浄土で往生しようという禅と浄土思想が合致した「念仏禅」を説く。              

 

 中国福建省から、1654年に来日した明の僧「隠元」(いんげん)によってもたらされた新しい宗派。

もともと中国臨済宗の僧であったが、日本で独立した宗派とみなされたのは、寺院や僧の衣装が明風であり、読経においても中国発音で行われ、従来の日本の禅とは異なっていた。


 日本三禅宗として、臨済宗、曹洞宗、黄檗宗のひとつです。日本の仏教とは一味違った明の儀式、お経、文化を継承しています。
 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:23 平均点:6.09
前
曹洞宗(そうとうしゅう)
カテゴリートップ
★日本の仏教
次
日蓮宗(にちれんしゅう)