トップ  >  ★日本の仏教  >  曹洞宗(そうとうしゅう)

曹洞宗(そうとうしゅう)

 

本山  永平寺、総持寺
本尊  釈迦如来
経典  特になし
宗祖  道元
寺数  14,562
信徒数  1,570,087 人
教えの特徴  

何も目的をもたず、ひたすら座ることを重んじ、そのまま座禅が悟りになると説く。              

 

曹洞宗の座禅は、言葉を用いずに黙って座る黙照禅である。
「只管打座」(しかんだざ)=ただひたすら座禅に打ち込むこと
が悟りに他ならないと説く。

道元の著書「正法眼蔵」のなかで、体で座り、心で座り、身も心も一切の束縛を離れた自由な状態で座るべきだ。といっている。

 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:21 平均点:5.71
前
臨済宗(りんざいしゅう)
カテゴリートップ
★日本の仏教
次
黄檗宗(おうばくしゅう)