トップ  >  ★日本の仏教  >  華厳宗(けごんしゅう)

華厳宗(けごんしゅう)

 

本山  東大寺
本尊  毘虘舎那如来
経典  華厳経
宗祖  良弁(ろうべん)
寺数  62
信徒数  39,187 人
教えの特徴   現実の世界も心理の世界もすべては無限縁起であるとする「華厳経」にもとづく


法相宗と同じ中国に起源をもつ華厳宗の本山は、東大寺である。隋、唐の僧である杜順と智權によって開かれ、法蔵によって大成されました。これを良弁が新羅で学び、大安寺にいた僧「審祥」から華厳経の講義をうけるかたちで日本にもたらした。  

華厳経は、この世のあらゆるものは縁によって起こり、宇宙の万物は互いに関係し合いながら、存在しているとする。そしてこの境地に徹して存在の本質を見ることをj究極の教理としている。

 

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:29 平均点:4.83
前
法相宗(ほっそうしゅう)
カテゴリートップ
★日本の仏教
次
律宗(りつしゅう)