トップ  >  ★日本の世界遺産  >  ●法隆寺地域の仏教建造物−世界文化遺産

世界遺産−法隆寺地域の仏教建造物


 奈良市街の西に広がる斑鳩の里(いかるがのさと)は、聖徳太子ゆかりの地であり、6世紀に中国から渡来した仏教文化を受け入れた地です。法隆寺は世界最古の木造建築物。法隆寺地域には48の仏教建築物がある。
 

NHK 世界遺産ライブラリー

THE 世界遺産

 

場所 奈良県生駒郡
遺産種別 文化遺産
登録遺産名 Buddhist Monuments in the Horyuji Area
法隆寺地域の仏教建造物
登録年月 1993年12月
特色 飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築物
施設

法隆寺
 
法起寺
 
 

 

プリンタ用画面
投票数:40 平均点:5.00
前
●古都奈良の文化財−世界文化遺産
カテゴリートップ
★日本の世界遺産
次
●紀伊山地の霊場と参詣道−世界文化遺産