トップ  >  ★日本の世界遺産  >  ●古都奈良の文化財−世界文化遺産
世界文化遺産

-世界遺産-古都奈良の文化財

 
古都奈良は、710年から74年の間、「平城京」として日本の政治・経済・文化の中心となり、唐の長安をまねた都市・律令国家を確立した地である。数々の寺院・文化財が世界遺産に登録されている。
 

NHK 世界遺産ライブラリー

THE 世界遺産 

 

 

場所 奈良県奈良市
遺産種別 文化遺産
登録遺産名     Historic Monuments of Ancient Nara 
古都奈良の文化財
登録年月 1998年12月
特色 大陸から伝わった仏教の発展した仏教建築群。神仏融合の事例
施設
・平城京跡
 
スポンサーリンク

 

プリンタ用画面
投票数:57 平均点:5.44
前
●古都京都の文化財―世界文化遺産
カテゴリートップ
★日本の世界遺産
次
●法隆寺地域の仏教建造物−世界文化遺産