トップ  >  ★日本の世界遺産  >  ●白川郷・五箇山の合掌造り集落―世界文化遺産

世界遺産―白川郷・五箇山の合掌造り集落

 
岐阜県の白川郷と富山県の五箇山の合掌造りの民家からなる歴史的景観とその周辺の自然環境が世界遺産に登録された。日本有数の豪雪地帯のため雪が滑り落ちやすいように屋根が急勾配になっている独特の建築様式「合掌造り」が維持されている。
 

NHK 世界遺産ライブラリー

THE 世界遺産

 
 

場所 岐阜県大野郡白川村、富山県南栃市相倉・菅沼
遺産種別  文化遺産
登録年月    1995年12月
登録遺産名     Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama
白川郷・五箇山の合掌造り集落
特色
合掌つくり家屋を中心とした伝統的な集落景観
「合掌つくり」は、勾配が60度に傾斜している屋根を丈夫にするためのサシという特殊構造を用いた切妻屋根茅葺木造家屋
庄川上流の山岳豪雪地帯
施設
萩町集落
相倉集落
菅沼集落

見所

・合掌つくりの家屋
・釘を使わない建築
・良好な自然環境
・集落景観

 
プリンタ用画面
投票数:49 平均点:4.69
前
●日光の社寺―世界文化遺産
カテゴリートップ
★日本の世界遺産
次
●古都京都の文化財―世界文化遺産